忍者ブログ
月刊ハウジング10月号より
みなさんおはようございます

さて、今日は『月刊ハウジング10月号』より
<建てたい家のイメージの賢い伝え方
という内容の記事をご紹介します。

内容は、、、家のイメージを伝えるとき同じ言葉でも
そこから連想される空間は人によって違う。
要望を的確に伝えられないと・・・イメージと違うプランの案内や
必要のない素材を予算に入れられたりなどなど・・・

そこで、イメージの上手な伝え方として・・・

①希望の整理と情報収集で「理想の家」を考える
②「したい暮らし」のイメージを分類しながら考える
③「希望のイメージのファイル」を好きな方法で作る

とした方法で伝えるのがおすすめですとの内容でした。
私たちも、お客様のイメージを十分に理解して
ご案内をできるように頑張っていきます
(営業:永田)


2009/09/04 10:15 | Comments(2) | TrackBack(0) | ★その他

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

なるほどです。

早速、叶うかどうか分からない
遥か遠~~い夢の
マイホームに向けて、
イメージをファイリングや
分類をしておきます。

言葉ってむずかしいですよね…
posted by 鬼嫁松at 2009/09/05 11:44 [ コメントを修正する ]
こんにちは

マイホームのイメージを考えることは
とても楽しい時間だと思います
是非、参考にしてください。
posted by 永田at 2009/09/05 16:36 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<冬瓜 | HOME | 増改築>>
忍者ブログ[PR]
PR